本文へジャンプ

北越グループサステナビリティ体制

当社グループでは、サステナビリティ(ESG要素を含む中長期的な持続可能性)課題を、積極的且つ能動的に推進していくため、「グループサステナビリティ基本方針」を制定しております。

北越グループサステナビリティ基本方針

当社グループは、グループ企業理念に掲げる「自然との共生」を達成するため、原料から製品に至るまでの環境へのあらゆる影響を最小限にとどめることにより、持続可能な社会の実現に貢献します。

  • 2050年までにCO2排出実質ゼロに挑戦します。
  • 長期経営ビジョンに基づき、事業を通じて社会的課題の解決に取り組みます。
  • 取引先のお客様とともに法規制等の遵守を徹底し誠実な企業であり続けます。

CSR活動の推進体制

サステナビリティ活動と経営計画の関係について

経営計画とCSR活動の関係

マテリアリティの特定

マテリアリティの特定

 当社グループは事業における重要度及び、社会からの要請・期待の両面から評価を行い、当社グループにおけるマテリアリティとして定義しております。

サステナビリティ活動推進目標

NO 分類 サステナビリティ活動推進目標 SDGsにおいて関連性が
高い目標
参考
具体的
ターゲット
重要課題
1 環境 バイオマスエネルギーや最新技術の活用によって2050年までにCO2排出を実質ゼロとする「ゼロCO2 2050」の達成をめざす
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 陸の豊かさも守ろう
6.3
7.2
9.4
11.6
12.4、12.5
13.3
15.2
課題
2 原材料調達 環境に優しい原材料の調達を推進する
  • つくる責任つかう責任
  • 陸の豊かさも守ろう
12.7
15.4
3 消費者課題 製品品質の確保と顧客への責任ある対応を継続する
  • 海の豊かさを守ろう
14.1
4 労働環境 職場の安全衛生を確保する
  • すべての人に健康と福祉を
3.6
多様性の尊重と人材育成を推進する
  • ジェンダー平等を実現しよう
5.1、5.C
健康の増進をすすめるとともに、ワークライフバランスを推進する
  • 働きがいも経済成長も
8.5
5 組織統治 コーポレートガバナンスの継続的な改善をすすめる 該当なし 該当なし
CRO(チーフ・リスクマネジメント・オフィサー)を新設し、新型コロナウイルスをはじめとするリスクマネジメントの強化を図る
  • すべての人に健康と福祉を
3.3
6 公正な事業慣行 グループ企業理念の浸透と法令遵守の徹底を図る
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 平和と構成をすべての人に
10.2、10.3
16.5
7 社会との
かかわり
ステークホルダーとの対話の充実を継続する 該当なし 該当なし

このページの先頭へ

冊子PDFダウンロード 北越コーポレーション統合報告書 CSR図書館.net

環境通信誌KINKON