本文へジャンプ

CSR体制

 当社グループでは、「グループ企業理念」や「グループ行動規範」を具体的に推進する取り組みとして、2018年度より国連総会で採択されたSDGSで掲げた17の目標や国際標準化機構(ISO26000)で規格化された社会的責任の7つの中核主題に準拠し、当社グループの重要課題(マテリアリティ)を特定し、CSR活動推進目標をかかげCSR活動を展開しております。

北越グループCSR活動 基本理念

当社グループは、「グループ企業理念」に基づき、従業員、顧客、取引先、仕入先、消費者、株主、地域社会など全てのステークホルダーとの強固な信頼関係のもと、本業を通じて、世界の人々の豊かな暮らしに貢献することにより、真の企業価値向上をめざします。

CSR活動の推進体制

経営計画とマテリアリティ及びCSR活動の関係について

  • 経営計画とCSR活動の関係

    経営計画とCSR活動の関係

  • マテリアリティの特定

    マテリアリティの特定

 当社グループは事業における重要度及び、社会からの要請・期待の両面から評価を行い、当社グループにおけるマテリアリティとして定義し、その定義した課題を「CSR活動推進目標」としました。

CSR活動推進目標

  CSR活動推進目標 関連するSDGs
1 コーポレートガバナンスの継続的な改善をすすめる 16
CRO(チーフ・リスクマネジメント・オフィサー)を新設し新型コロナウイルスをはじめとするリスクマネジメントの強化を図る 3
2 職場の安全衛生を確保する 3
多様性の尊重と人材育成を推進する 5
3 健康の増進をすすめるとともに、ワークライフバランスを推進する 5.8
4 CO2の削減をはじめとした地球温暖化対策を推進する 7.13
産業廃棄物の搬出量の削減をはじめ、環境負荷の低減を図る 6.7.9.11.12
環境に優しい原材料の調達を推進する 12
5 グループ企業理念の浸透と法令遵守の徹底を図る 該当なし
6 製品品質の確保と顧客への責任ある対応を継続する 該当なし
7 ステークホルダーとの対話の充実を継続する 該当なし

SDGsとの関連性について

 2020年4月に決定した当社グループのCSR活動推進目標は、SDGsの17の目標のうち、10の目標と大きな関わりがある項目となっております。

CSR体制

このページの先頭へ

冊子PDFダウンロード 北越コーポレーションコーポレートレポート CSR図書館.net

環境通信誌KINKON